訪問リハビリで歩けるようになるのか気になりますよね。
絶対的なことは言えませんが、歩けるようにすることが可能な場合もあります。

○訪問リハビリの内容は?

具体的に、訪問リハビリはどのような動作を訓練していくのかというと、次のようになります。

  • 食事
  • 排泄
  • 嚥下機能の訓練
  • 言語機能回復
  • 着替え

訪問リハビリでは主に寝返りや起き上がり、座る練習、歩行練習などをおこないます。
事故や加齢、病気によって歩行がままならなくなることもあるでしょう。

簡単な動作でも難しい場合には、日常生活で工夫や介助が必要です。

訪問リハビリでは理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が在籍している医療機関特定の施設が関わっています。介護の方法をご家族に教えることもあります。

身体の痛みやしびれなどの特定の分野や症状に強い施設もあり、たとえば横浜市都筑区の訪問リハビリは、『歩行のリハビリ』に対する経験が豊富です。独自の歩行改善プログラムを持っており、一人ひとりに合わせたリハビリプランを提供しています。自宅や施設、場所を問わずサービスを受けることが可能で、歩行改善率は90%以上と高い実績を誇っています。

どんな訪問リハビリを行っているのかについては、主治医あるいはケアマネージャーに問い合わせをしてみましょう。

○そもそも訪問リハビリとは?

訪問リハビリは病院や診療所、作業療法士、言語聴覚士が利用者の家を訪問して、心身の機能維持、回復、日常生活が円滑にできるように支援するためのサービスです。

リハビリの内容は施設によって異なります。練馬区で訪問マッサージを行っている施設もあり、症状によって最適なリハビリ内容を選ぶことが大切です。 ちなみに訪問マッサージは健康保険が使えるため、介護保険の枠が限度まで達していても、1回300円程度の負担で収まるのは嬉しいところ。 訪問するトレーナーは国家資格を保有し経験豊富なので、確かな技術と細かな気配りを備えています。

また、 介護する家族の悩み事に対してアドバイスや相談もしてくれますので、介護する側とされる側、両方の支えとなってくれます。

○訪問リハビリテーションはこんな方に向いています

  • 手の動きが不自由
  • 食べ物にむせるようになる
  • どんなリハビリをすればいいのか不明
  • 筋力が低下して歩行に不安がある
  • 福祉用具の使用法がわからない
  • 言葉がはっきり話せない
  • 体の動きが悪くて思い通りにならない