脳梗塞や脳出血になってしまうと、後遺症になることがあります。後遺症によって、日常生活でできていた簡単な行動も自分一人ではできなくなっていまいます。

脳梗塞の後遺症にお悩みの方は、訪問リハビリを受けることで、日常的な動作がスムーズにできるようになることが見込めます。

●早めにリハビリを受けること!

リハビリというのは何らかの後遺症を抱えている方に対して、日常生活の自立と早期の社会復帰を目指すものです。

後遺症を少しでも軽くして、可能な限り元の生活に戻れるように、早めにリハビリを受けることがおすすめです。

●早期リハビリテーションを受けよう

脳梗塞など脳の病気は後遺症が出やすく、今までできていた簡単な動作ができなくなることも多いです。

早期リハビリテーションは、機能回復の阻止から守るための対策でもあります。

持病が安定してきたなら、入院の翌日などできるだけ早期に急性期リハビリテーションを受けるのが望ましいです。寝たままリハビリを受けることもできます。

●訪問リハビリではどんなことをする?

臨床経験を持っている理学療法士や作業療法士が中心となって、訪問リハビリをおこなってくれます。
手足を問わず、全身の不調に対応してもらえます。
脳梗塞や脳出血など、脳卒中リハビリについては頼れる専門家とも言えます。

●主に運動やトレーニング

理学療法士や作業療法士のアプローチを、反復運動することで、脳梗塞の後遺症から回復していけるでしょう。

脳に正しい動き方を定着させる運動やトレーニングをしてくれます。
リハビリの最終的な目標を踏まえて、リハビリを実施してくれます。