訪問リハビリと言えば、自分一人では歩けないなど体が不自由な方を対象に、マッサージ師が自宅を訪問してリハビリをおこなうサービスです。

介護保険サービスの訪問リハビリテーションにも、理学療法士などによるマッサージが実施されています。
ここでは訪問マッサージをする人が、どのような資格を持っているのかお伝えしていきます。

●訪問リハビリは理学療法士がおこなう

基本的に、訪問リハビリの施術者は国家資格を持っています。
理学療法士の場合がほとんどです。

理学療法士は体の機能を的確に確認し、動作訓練をおこないます。理学療法士は病院やクリニック、訪問看護ステーションからご自宅や施設に派遣されます。

介護保険の場合は、ケアマネージャーを中心に、他の介護サービスとも提携していることが多いです。

●訪問リハビリを実施するには医師の指示書が必要

訪問リハビリは、施術者が独断して判断し、始めることは許可されていません。
いくら訪問リハビリをしてほしいという依頼があっても、医師の指示なしではリハビリができません。

訪問リハビリの施術者である理学療法士は、看護師と同様に医師の指示に従うのが基本です。

医師が訪問リハビリの指示を出してくれるまでは、できないものと考えましょう。